エリモ工業 株式会社

エリモ工業は織物・和紙など天然素材を主とした壁紙メーカーです。

HOME»  会社案内

会社案内

会社概要

商 号 エリモ工業株式会社
所在地 京都府木津川市加茂町兎並船屋3番地
TEL 0774-76-2308
FAX 0774-76-3115
URL http://www.erimo.co.jp/
Email erimo@skyblue.ocn.ne.jp
創業年月 明治20年4月
創立年月 昭和55年3月
資本金 4,000万円
役 員 代表取締役・中村 由之
取締役会長・梶田 義和
従業員 35名
年 商 10億
営業種目 織物壁紙、和紙壁紙、室内装飾品、各種織物製造販売、その他内外装材の製造
再剥離密着フォームシート加工
標準難燃処理工場(指定番号第9号/1969年12月)
日本工業規格表示工場-JIS-(許可番号第578078号/1978年8月)(新JIS A6921 壁紙/2008年5月)
取引銀行 南都銀行・加茂支店、三菱東京UFJ銀行・奈良支店、京都中央信用金庫・加茂町支店

 

沿革

明治20年 4月 初代梶田大蔵が、製織工場を設立し、麻布の製造販売を開始、その後襖紙の製造に転換
大正元年 3月 襖紙の急成長に伴い、「都也古」の商標で製造販売を行い、全国一の生産をなす
昭和22年 12月 3代目梶田大蔵が、資本金195,000円を以って梶田織物株式会社を設立
昭和25年 11月 株式会社梶田大蔵商店に商号を変更、資本金500,000円に増資
昭和33年 10月 東洋レーヨン株式会社より特殊糸の供給を一手に受け、東レ壁紙・襖紙の名称で販売
昭和40年 3月 梶田工業株式会社に商号を変更
昭和42年 12月 大阪・東京両営業所の販売部門を独立させ、梶田インテリア株式会社を設立
昭和44年 12月 建設省並びに壁装材料協会より、標準難燃処理工場としての認可を受ける
昭和53年 8月 通産省より、日本工業規格表示工場の認可を受ける
昭和55年 3月 エリモ工業株式会社を設立し、梶田工業株式会社の、総ての業務を引き継ぎ販売権も戻す
昭和55年 9月 梶田昌弘が代表取締役となる
平成元年  3月 研究テーマ"再剥離密着シート"に対し京都府中小企業技術改善費補助金を受ける
平成5年  3月 研究テーマ"抗菌コート壁紙"に対し京都府中小企業技術改善費補助金を受ける
平成6年 12月 "装飾シートとその製造方法"特許出願 No9410141
平成8年  3月 研究テーマ"無機質塗装仕上げ壁装材"に対し京都府中小企業技術改善費補助金を受ける
平成26年 6月 前代表取締役梶田昌宏病気死去により、後任として中村由之代表取締役に就任

 

工場設備

敷地面積 4,823m2
建物面積 4,395m2
機械設備 裏打機 (ピン式)(普通幅・165㎝幅) 各 1台
特殊裏打機 1台
乾燥機(普通幅・165㎝幅) 各 2台
捺染機3色用 2台
捺染機1色用(165㎝) 1台
セミオートスクリーン機(25m長) 2台
特殊加工機(ワープ用) 3台
高性能スリッター機 1台
織物検反機 2台
ボイラー 1基
シマトロニックデザインシステム 1台

 

取引先

国内 株式会社サンゲツ、リリカラ株式会社、株式会社川島織物、住江織物株式会社、東リ株式会社
積水化学工業株式会社、大建工業株式会社、その他代理店建材メーカー  順不同
海外 アメリカ、東南アジア、ヨーロッパ
仕入先 中和化学薬品株式会社、林六株式会社、増井株式会社、高島株式会社
スウェ-デン、フランス、インド、フィリピン、中
国